BLUE

アクセスカウンタ

zoom RSS − タイトルなし −

<<   作成日時 : 2009/01/10 17:06  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1)情報アーキテクチャの調査

 D非常に良くできている
 C良くできている
 B存在する
 A存在するが、ないほうがまし
 @存在しない


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
a.                   b.                 c.
http://www.meiji.ac.jp/     http://www.keio.ac.jp/     http://www.kodansha.co.jp/
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1.ストラクチ    C         C                D
ャナビゲー
ション
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2.
機能別ナビ    C          B                B
ゲーション
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
3.
目的別ナビ    D          B                D
ゲーション
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
4.
リファレン
ス型ナビゲ    D          C                @
ーション
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
5.
ブラッドク
ラム型ナビ    B          B                B
ゲーション
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
6.
ステップナ
ビゲーショ    C           C               C

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
7.
ダイレクト
ナビゲーシ    D           D               D
ョン
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




(2)アクセシビリティ調査

1.Lintによる調査
    総合点+自分のコメント
2. 色彩の調査(5段階評価、主観による)
    D非常によく配慮されている
    Cよく配慮されている
    B配慮の跡が見られる
    A色彩に無神経
    @色彩に非常に無神経


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
            a.               b.                c.
            http://www.meiji.ac.jp/ http://www.keio.ac.jp/    http://www.kodansha.co.jp/
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1.
Lintによる調査  a 95点:どの様な立場の人のニーズにも応える事ができる。活動風景の写真が多く,どのような             事をしているか,わかりやすい。

           b 3点:在学生,受験生向けの情報より,医療,社会貢献など,アクセス数の少なそうなものが             大きく表示されている。
           
           c 100点:いろんな目的のページに一発でつながる様になっている。トップページが少しシンプ              ルなように感じる。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2.
色彩の調査          D              B                    C
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




(3)ユーザビリティ

   D非常によく努力している
   Cよく努力している
   B努力の跡が認められる
   Aほとんど努力の跡がない
   @努力のあとがまったく見られない


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
                a.                 b.              c.
                http://www.meiji.ac.jp/   http://www.keio.ac.jp/  http://www.kodansha.co.jp/
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1.
システム状態            D               B               D  
の視認性を高
める
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2.
実環境に合っ            D               B               D
たシステムを
構築する
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
3.
ユーザにコン
トロールの主            D               C               D
導権と自由度
を与える
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
4.
一貫性と標準
化を保持する      B               D           D
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
5.
エラーの発生
を事前に防止          −                −               −
する
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
6.記憶しなく
ても、見れば
わかるような          D                 A              C           
デザインを行

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
7.柔軟性と効
率性を持たせ          C                B              D

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
8.最小限で美
しいデザイン          C                C              C
を施す
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
9.ユーザによ
るエラー認識、        ー                 −             ー
診断、回復を
サポートする
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
10.
ヘルプとマニ
ュアルを用意         A                 A             B
する
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



<感想>
明治大学のHPは他の2つのHPに比べると,カラフルであり,自分の知りたいことが探し出しやすいように感じた。慶応大学のHPは,少し雰囲気が堅苦しく,医療・支援活動など,一部の人しか見ないであろうPが大きく扱われているのが目立った。講談社のHPは,スタイリッシュという点えは,少しシンプルすぎるが,様々な項目にいけるように分かりやすくPが工夫されていたため,アクセシビリティは高いと思った。
内容はどうあれ,やはりPの見易さによって使う側の評価は決まる。作成者はそのことをよく考えて,WEBページを作るべきだと思う。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
− タイトルなし − BLUE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる