BLUE

アクセスカウンタ

zoom RSS ネットワークを使った共同研究

<<   作成日時 : 2008/12/24 22:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

パテントマップ(野崎氏個人サイト)
http://www.e-patentmap.net/segments/statistics/
http://www.e-patentmap.net/site/about.html


<概要>
業種別統計データ、官公庁等統計データ、特許・知的財産関連統計データを扱っている個人サイトである。その種類は全体で約50種類を超えている。ネット上で様々に散りばめられている統計資料などをここに総括している非常に便利なサイトである。産業一般から、水産・農林・畜産、工業、建築、食品等の業種からページを開けば、それに関連のある統計・発行機関HPや、刊行物、統計HPへとべるようになっている。そのリンク先の大まかな調査内容も記載されているので、リンク先へ行く前の参考になる。また官公庁等統計データでは、各省庁のHPのリンクが貼られており、それと並行して、各省庁の統計資料データも閲覧できるようになっている。また備考という欄があるが、メールマガジンを流している省庁は配信サービスのページも載せている。特許庁のHPや、国内国外での知的財産関係の統計資料も揃っている。また国立図書館関係や、同種のサイトのリンクもある。

<論評>
非常に優れたサイトである。とても個人運営しているとは思えない使い勝手の良いサイトである。少々地味ではあるが、その分扱っている情報量の多さと、分野別に分けてあり、その検索のしやすさが魅力的である。サイト運営者の野崎氏も言うように、このサイトのおかげで影に隠れていたが、閲覧されるようになった資料は数多くあるだろう。かなり専門的なサイトではあるが、統計資料を探す際は一度このサイトを見ておくべきである。

・カナネット
http://www.kananet.com/health/19jstatistics.htm

<概要>
これは保健・医療の統計データ、統計学を扱うインターネットサイトである。保健、医療、福祉関連の統計が、厚生労働省ホームページからダウンロードして閲覧することができる。感染症調査、食中毒調査、栄養調査、HIV感染者情報、癌患者の統計など、種々多様な統計結果が見られるようになっている。その他の分野の統計も揃っている。官公庁の経済統計から、財務長の貿易統計、国税庁の税金関連の統計など、ここでもまた色々な統計結果を見ることができるようになっている。また、国外サイトも充実している。WHO統計情報や、アメリカ国税調査局、OECD統計ポータルサイトなど、他にもUK、インドネシア、サウジアラビア等々世界各国の人口・保健調査団体のホームページのリンクが貼られている。資料を調べる最、海外のサイトであるため少々言葉は不便ではあるが、安心できるサイトを載せている。また統計データをとる際の取り方、Excelによる処理の仕方まで載せてくれている。

<論評>
ダウンロードする際に、どのような情報が閲覧できるのかの細かな説明がされているため非常に活用しやすい。また統計調査の結果だけではなく、調査目的や、調査方法までもが明記されているので親切である。また、Excelの使い方も載っているため統計調査を初めて試みる人などは是非ここのホームページを見てみれば参考になるのではないかと思う。全体的に見にくいという点が気になったが、しかし情報自体は有意義である。


テレビ学会・研究会
http://www.tech.tsukuba.ac.jp/2003/report/04-masashi-tomida-2003.pdf

<概要>
システムを構築する上でセミナーやシンポジウムなどの時にはインターネットの上で単一方向の1対多のブロードキャスト配信を,国際会議などの用途では多対多の双方向通信を行う必要がある。
まずはブロードキャスト配信型だが、RealSystemを使用した方法がある。可動型のカメラで映像を撮影し,音声はワイヤレスマイクにより採取する。これらを本センター計算機室に設置したHelix Universal Server に送信しBroadcast 配信を行い、ユーザはRealPlayer にてリアルタイムでプレゼンを見ることが可能になる。
ディスカッション型では Viewstationで会議を行う。複数の参加者がカメラに映る席に座り,遠隔地と接続する。相手は Viewstationに内臓された接続した液晶プロジェクタや 内蔵のスピーカによって、映像や音声の受信、発信が可能になる。
ただし,Viewstation には受信の接続拠点に限界があり,その場合にはVRVS を用いる.この場合,音声と映像の送信については高画質であるViewstation を利用し,受信についてはMBONE で接続したPC より映像を液晶プロジェクタに送る。
このようなシステムのおかげで、遠く離れた研究者とも、まるで同じ会議室にいるような自然な形でのディスカッションが可能となり、研究者同士が密接なコミュニケーションを図ることが可能になった。

<論評>
今日のネットワーク開発の進歩はすさまじいものである。特に平成にはいっての技術の進歩はますます画期的になったと思われる。かつては遠く離れた者と会話ができるだけでも驚異的なものであったのに、そこからついにはお互いの顔を見て、会議までできるようになったのだ。このようなシステムのおかげで、遠くまで出かけなくても、セミナーを受けたり、会議をすることができるようになったので、より研究活動にささげる時間が増えた。このことは、これからの技術発展を更に加速させるであろう。


arXive
http://arxiv.org/

<概要>
この「arXive」というサイトは、個人が書いた研究論文を発表することができるサイトである。世界中の人が投稿可能であるため、サイト上に発表される論文の数も多い。
ある機関に所属している人の論文が、その機関の責任者の意向にそぐわなかった場合、その論文は未発表のままとなるが、そのような未発表の論文をこのサイトに掲載しているという背景も持ち合わせている。
しかし誰でも投稿可能ということは、学問に対して専門的な知識を持ち合わせていない人や上記の研究機関などに属していない人の投稿が可能であるということである。また、専門誌や研究誌と違って、発表前の査読も入らない。そのため、良質なものとそうでないものとが混在しており、量的にその論文の良し悪しを見極めることに大変手間がかかる。専門誌や学会誌などと違ってガセネタを掴まされる可能性が上がるわけである。発表される数が多いめその中で良質な論文も見受けられるが、誤った事実や捏造された事実が述べられた論文などもある。よって業界からの評価が劣っている。読む際には閲覧側のリテラシーが要求される。

<論評>
当サイトで、誰でも自由に論文を投稿できるということは、研究論文を発表する敷居が下がるという面や、本来は良質な論文であったにもかかわらず、組織や機関に所属しているゆえ未発表となってしまうことへの抑止力になるという面も持ってい。しかし“自由”ゆえに質の悪い論文も掲載することができてしまう。まさに板挟み状態であり、同業界からの評価も下がることは必然的に伴うものであろう。良質の論文を掲載できるための打開策として、フィルタリングを行ってもいいと思うのだが、公の査読が入らないというarXiveの最高の強みが消えうせてしまう。両
者は相反する現象であるが、必然的に共存するものであろう。


インターネットを利用した環境情報の流通
http://www2d.biglobe.ne.jp/~chem_env/report2002/sts021117.html
<概要>
1996年7月に開設したWebページ「生活環境化学の部屋」では,環境ホルモン(内分泌撹乱化学物質),化学物質過敏症など近年注目されるようになった問題を取り上げ,解説や関連資料へのリンクを掲載している。さらに,21世紀の幕開けの年から対米同時多発テロ事件とその後の炭疽菌事件をきっかけとして生物・化学兵器に対する脅威が広がり,われわれの食生活を脅かした牛海綿状脳症(狂牛病)のニュースなどもあって,どこか閉塞感を覚える世紀となっている中,より一層個々人による情報入手が不可欠となり,サイト運営者としてそれらの問題に関する対応も迫られている。
環境問題に関する情報の流通を目途としたWebページを通じて,“安全な生活”を考える上でのインターネット情報の位置付けについて分析している。

<論評>
このサイトが解説された当時、食の安全は現在に比べるとまだよかったほうかもしれない。しかし今日、中国の毒入り餃子を中心に、食品偽造が国内外あとを絶たず発生しており日本の食に関する安全神話は完全に崩壊したといっても過言ではない。そんな状況の中、ただ企業や国の対策に身を任せるだけでなく自分の身は自分自分の身で守るということで、食に関する情報を自分で手に入れる人は増えていくと思う。そんな中でこのような情報リンクのサイトは重要視されていくであろう。


学会誌の発行
http://www.nicol.ac.jp/cssj/98confj.html

<概要>
今回取り上げる学会誌は化学ソフトウェア学会年会「'98研究討論会」で行われたことの詳細である。この学会誌にはまずはじめの案内として主催、共催、開催日時、会場、主題、年会案内、基調講演の概要、記念講演の概要、総会、懇親会の概要、連絡先が事細かに記載されている。次に記載されているものは今回の学会のプログラムである。こちらもはじめの案内と同じく、事細かに詳細が書かれている。初日はまず基調講演があり、それから一般の発表に移り最後に記念講演が行われるという流れでありその後に懇親会が行われるという形である。二日目は一般の発表から始まり、間に総会および表彰式、受賞講演をはさみ、一般公演で終わるという流れである。それぞれの発表にはリンクが張り付けられており公演情報や講演要旨をレポート形式で書かれたものなどが閲覧できるようになっている。

<論評>

まずははじめに書かれていた案内についてであるが基本的な事項が一目見ただけで簡単に、なおかつ詳しく分かるように書かれておりとても見やすいものである。次にプログラムであるがその日のプログラムが分かりやすく書かれているだけではなく、それぞれの発表ひとつひとつに講演要旨がレポート形式にまとめられたものが張り付けられていたのは当日行くことができなかった人が目を通すことができるという点や発表を聞いた人が気になった発表をもう一度見ることができるなどという点ですぐれたものである。



アジャイル型の共同研究

アジャイル型の開発というのは,必要なことを最大限に行うことを基本とし,各メンバーの開発物に対する,「思い入れ」,メンバーの団結を大切にしている。また,計画について臨機応変に変更することを前提とによって、できるだけ少しずつ作り、その過程で発見された問題について、早く確実に対処を行うことが可能となる。これがアジャイル型開発である。
アジャイル型開発を共同研究に当てはめてみるとどうなるのであろうか。共同研究とは,ある一つのテーマについて数人で詳しく調べ考察し,その事実や真理を明らかにすることである。アジャイル型にしてみると,一つのテーマについて考察すべきこと,それに伴う実験を個人で分担し,共同で一つの研究成果を作り上げるものである。又,その研究過程で研究方向に修正が必要な場合は臨機応変に対応し,第三者にも研究過程を閲覧できる。
考えられる問題としては,その研究の終着点がどこかが明確であるかかどうかだと思う。アジャイル型という,個人で考察,実験をバラバラに行う場合,研究テーマが共同研究を行うメンバー同士,しっかりと一致していなければ,個人個人が異なった思惑で研究,または実験を進めていってしまうだろう。そうなればまとまった研究結果など出来上がるはずはない。これには,個人でそれぞれ作業を進めるといっても,コミュニケーションをすぐ図れるようにしてあれば解決する問題である。例えば,一つの部屋に,机や実験台を集め,同じ空間で作業を進めるのである。もし,調査の段階で,メンバー全体の考え方や,実験方法を大きく変更しなければ場合でも,同じ空間にいればそれはたやすいことである。
私は,アジャイル型は,各々が,やるべきことと,研究テーマをしっかり把握していれば,開発だけではなく,共同研究にも十分通用するシステムであると思う。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ネットワークを使った共同研究 BLUE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる