BLUE

アクセスカウンタ

zoom RSS 第14回講義の要約と感想

<<   作成日時 : 2009/01/10 16:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

<要約> 
本日の授業は,来週に行われるテストについての説明があり,昨年の問題も参考として,配布され,各自取り組んでみるようにというものであった。
講義の内容は,コミュニケーションデザインについてであった。
新しいメディアとして,WEBコミュニケーションが挙げられる。これは,インタラクティブでフォーマルなコミュニケーションの型であるが,形態が様々なため,いろんな形でのコミュニケーションが可能である。
コミュニケーション・デザインとして,以前はフィーリング(快適)で更に,ユーティリティ(使い勝手のよさ)のみが重要視されていたが,それでは,便利であっても一般の人は使うことができないという事態が起きたため,今日ではユーザビリティ(使えるかどうか)・アクセシビリティ(情報に接近できるか)・そして情報アーキテクチャが備わっているかどうかでデザインの良し悪しが決まるようになった。
情報アーキテクチャ・アクセシビリティ・ユーザリビティの評価をするためにはW3Cが提供するWEB制作におけるガイドラインなどで調べることができる。明治大学のHPは,アクセシビリティの点では,高得点であった。

<感想>
WEBページでは,内容の良し悪しよりも,まずは使いやすいかどうかで,アクセスしてくる人数が変わってきます。TOPページが,見やすく,分かりやすく,自分の望む情報が手に入りやすく,そしてスタイリッシュであるものがよりよいWEBページであると思います。この先,WEBページを使用するだけではなく,作成する側でコミュニケーションをはかることもあるかもしれません。特にWEBページは様々な形態で,様々な人が見るものなので,この考え方は重要だと思いました。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第14回講義の要約と感想 BLUE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる